車中泊で暖房のつけっぱなしはしてもいい?安全性や注意点とおすすめの寒さ対策とは

車中泊

冬の車中泊は夜になると寒いですよね。

キャンピングカーのように断熱仕様が施されている場合はいいのですが

普通の車で車中泊する場合には

暖房を止めるとしんしんと寒さが忍び寄ってきます・・。

寒さに耐え切れずに、車のエンジンをかけて暖房を入れたりしますが

一晩中エンジンをかけて暖房を入れるのって安全なのか気になりますよね。

そこで、冬の車中泊で暖房をつけるときの安全性と注意点

また、おすすめの寒さ対策についても紹介しています。

車中泊で暖房のつけっぱなしにするとどうなる?

寒いと寝られないですから暖房をつけちゃいますがつけっぱなしにするということは

エンジンをかけっぱなしということになります。

そうすると、就寝中に排気ガスが車の中に入り込んでしまい一酸化中毒を起こす可能性が考えられるので

一晩中エンジンをかけて暖房を入れておくというのは危険ということになります。

特に積雪などの天気の時は車を止める時にマフラー付近に雪が固まっていないか

雪に埋まってしまいそうになっていないかを充分に確認しておきましょう。

マフラーが雪でふさがれた状態でエンジンをかけていると排気ガスが逆流してきて危険です。

車中泊でおすすめの寒さ対策とは

暖房を切ると寒くなりますのでしっかりと寒さ対策をしたいですよね。

断熱アルミシートを利用

おすすめの寒さ対策として寝る時に布団の下に断熱アルミシートを敷いてみましょう。

厚みがあるほど断熱性も高まりますし、クッション性も増すので温かく寝られます。

ダンボールで窓をふさぐ

車の場合、足元の下のほうから寒さが入ってきます。

それと、窓の部分から冷気も入ってくるので窓の形にダンボールを切ってはめ込むのもおすすめです。

窓専用の防寒グッズを買うのも良いのですが、サイズがぴったりしていないと困りますし

1シーズンくらいならお手製のダンボール防寒グッズでも大丈夫です。

100円ショップなどの断熱アルミシートを貼り付けてるとなお良いでしょう!

外からの目隠しにもなりますし、しっかりと光も遮ってくれるので安心して眠れます

初めての車中泊のときにお手製ダンボール断熱シートを作ったのですが

かなり重宝しました!

寒い日の窓の結露も吸い取ってくれましたよ。

まとめ

車中泊で暖房をつけっぱなしにするのは、危険が伴う場合がありますのでやめておきましょう。

しっかりと寒さ対策をして楽しく快適な車中泊を体験してくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました