小杉敬【ゼインアーツ】の経歴は?出身校や職歴についても紹介

話題の人

キャンプギアクリエイターの小杉敬さん

最近のキャンプ人気でいろいろな業界がキャンプギアを出す中群を抜いて人気の高い商品を開発しています。

この記事では以下のことについて紹介しています。

  • 小杉敬さんの経歴、出身校や職歴などのプロフィール
  • ゼインアーツ

 

小杉敬さんの経歴・出身校・職歴について

生年月日:1972年10月27日生まれ 49歳

出身地:新潟県

出身が新潟県ということですので高校も新潟県かと思い調べてみましたが公表されていないのと、ご家族の仕事は転勤が多くて転校も繰り返していたそうです。

高校を卒業してた後に新潟デザイン学校に進まれていますので新潟の高校の可能性も高いかもしれませんが詳細は分かりませんでした。

出身校:新潟デザイン専門学校

開校47年のデザインの伝統校でこの学校の卒業生の方々はグラフィックデザイナーや雑誌、美術やジュエリーデザイナーなど幅広い分野で就職し活躍されています。

 

職歴について

新潟デザイン学校を卒業後

  • 1993年 株式会社スノーピーク 入社
  • 1998年 株式会社三昌堂 入社
  • 2001年 株式会社スノーピーク 入社
  • 2006年 株式会社ゼネラルスタッフ 入社
  • 2007年 株式会社スノーピーク入社
  • 2009年 スノーピーク開発部開発課マネージャー
  • 2009年 スノーピーク執行役員企画本部長就任
  • 2010年 スノーピーク取締役執行役員企画本部長就任
  • 2014年 スノーピーク取締役就任
  • 2018年 長野県松本市にてゼインアーツ創業

学生時代から登山やキャンプが大好きだったという小杉敬さん

誰よりもアウトドアを理解し、20年以上もアウトドア業界で製品開発に携わってきた経験と自身の体験や知識をもとにデザインの美しさと手ごろな価格を追求したキャンプギアを開発

2019年に販売したテント「ゼクーM」はキャンプファンの間で話題となり予約の時点で完売するという人気ぶり。

グットデザイン賞ベスト100にも選出されました。

かっこよくないですか?!!

スポンサーリンク

テントだけじゃなく使うギアもテンション上がります。

良心的な価格だから家族キャンパーにも手が届く!

これ大きいですよね。

家族の反対があると大好きなキャンプに行きづらくなっちゃう人の話、よく聞きますから。

 

 

ゼインアーツはキャンプ初心者の方も経験者でも長く使えるギアというところを目指しています。

それなりに良いものを作ろうとすればもちろん価格は高くなっていきます。

しかし初めから価格の高いものというのは初心者にはハードルが高いもの。

正直、人気が高いというだけで価格が跳ね上がるという商品はキャンプギアにかかわらず世の中のいろんな商品にいえることです。

 

小杉さんは「良いものだけど、適正価格」を実現するために自分の今までの経験や知恵を使って日夜努力しているそうです。

安くて良いものを求めている人というのは上級者にも初心者にもたくさんいることを知った小杉さん。

最近ではテントの価格も20~30万円するようなものも出てきていて、小杉さんの考えは野外で使うテントというのは一生モノではなく消耗品という位置づけ。

それに高額な金額を出すということに違和感を持っていたそうです。

 

それと、キャンプやアウトドアが好きな人は「きれいな景色を見たい」という人が多い。

日常を忘れる空間はやはり機能重視のものではなくてあるだけでテンションが上がるようなデザインの美しさにもこだわっているということです。

人気のゼインアーツの取り扱い店舗はどこ?オンラインショップはある?

実店舗について

人気が高くて手に入りづらいというゼインアーツ

取り扱い店舗は全国各地に実店舗があります

店舗の場所や詳細はコチラから確認できます

 

オンラインショップについて

テントなどは人気が高く、抽選販売になっています。

まとめ

キャンプギアクリエーター、ゼインアーツ代表の小杉敬さんの経歴や出身校、職歴などについてご紹介しました。

私もこのゼインアーツのワンポールテントを見たときはテンションが上がりました!

この遊び心というか大人の隠れ家みたいなカッコイイしかないテント!しかも他のメーカーと比べてもちっとも引けを取らないのに価格も安めという攻めたテントに目がクギづけでした。

ぜひ近くのお店でゼインアーツの商品を見るチャンスがあったらじっくり見くらべてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました